【ザビエルも訪れた世界遺産の街】マラッカへのアクセス&おすすめスポット

はじめに

マラッカ』という街をご存知でしょうか?

世界史の授業を真面目に聞いていた方は知っているはず…

らしいです。

私は世界史が大の苦手でしたので、知る由もありませんが、

なんとあの有名な宣教師ザビエルのお墓がある場所です。

歴史深い街であり、街全体が世界遺産に登録されています。

そんなマラッカを楽しく歩いて、マレーシアの歴史を感じましょう。

アクセス方法

KLIA(クアラルンプール国際空港)からであれば、GRAB(グラブ)で行けます。

GRAB  マレーシアで広く日常的に使われているタクシー配車アプリ。出発地・目的地を入力すると運賃が表示され、近くの個人ドライバーと自動マッチングを行う。

約2時間の移動で、調べてみると運賃は180RM

1RM=26.5円  180RM=4770円  2019年1月現在。

一台約5000円になります。

安く済ませたいという方は、TBSバスターミナルまでバス約10RM)もしくは電車40RM)で行き、マラッカ行きのバスに乗り換えます。

様々なバス会社から選ぶことができますが、驚くのはその運賃

2時間弱の移動でなんと10RM〜15RM。(300〜400円)

マレーシアの公共交通機関は破格の安さ

バス、タクシー内は冷房がきいていて寒い上、基本的にトイレ休憩がありませんので、体温調節ができる服を準備しておきましょう。

マラッカ観光

東南アジアヨーロッパを合体させたようなカオスな街並み。


初めに目に入るのはマラッカ広場


この広場の建物は全てピンク塗りで、可愛らしい雰囲気です。

多くの観光客がここでインスタ栄えを狙っている模様。。。

焦らずとも大丈夫、インスタ栄えスポットは山ほどあります。

街の移動は、短距離なら徒歩、長距離ならGRAB

中距離なら人力車を使ってみるのもありです。

こんな感じの屋根付き人力車がそこら中にいるので話しかけ、運賃は交渉次第。

背もたれのシートにスピーカーが埋め込まれており、爆音EDMが流れています。

さあ、マラッカといえば壁画がそこら中にあります。

2Dとは思えない立体感。

トリックアートも。

女子が好きそうなカラフルなデザイン。

インスタ栄えもバッチリです。

こんな高いところにどうやって描いたんでしょう?

とにかくあらゆるところに壁画があり、お洒落な街です。

次はこっちに進んで見ましょうか。

Joker Walk Streetです。

ここはローカルフードからお土産まであらゆる店舗や屋台が立ち並ぶマラッカのメイン通りです。

値段も安いのでいろんなローカルフードを楽しめます。

思う存分食べ歩きしましょう。

これはまさかのシュウマイ。

シュウマイといえば、マラッカでも行列のできる人気中華料理店をご紹介しましょう。

その名も、『Low Yong Moh Restaurant

メインストリートから一本外れたところにある、地元民にも人気のローカルチャイニーズ。


全部美味しいですが、中でも一押しはやはり

シュウマイ。

多国籍国家のマレーシアですが、中でも中華系の多いマラッカ。

さすが本場の味という感じです。

腹ごしらえが終わったら、マラッカ川に行きましょう。

散歩タイム。

歩きながら植物や対岸の壁画を鑑賞することができます。

疲れたら近くのカフェで休憩。

因みに、時間があればマラッカ川のボートツアーをするのもありです。

というかするべきです。

風を感じながらマラッカの街並みを堪能しましょう。

さあ、これまではマラッカの街並みを見てきましたが、THE観光スポットをお見せしましょう。

水上モスク!

中心地からはある程度距離があるので、GRABでタクシーを捕まえましょう。

モスク内はイスラム教のルールが適応されます。

男性は膝下を見せてはいけませんので半ズボンはNG

女性は頭まで布で覆う必要があります。

めちゃくちゃ暑いようですが、ファッションとして楽しんでしまいましょう。

モスクからは、広々した海を眺めることができます。

最後にドローンで上空からパシャり。

まとめ

マラッカは観光スポットが徒歩〜GRAB10分圏内に集中しているため、日帰りでも充分楽しむことができます

クアラルンプールからも気軽にアクセスできるので、興味を持った方は是非訪れてみて下さい。

→格安マラッカ旅行プランを探す

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *