キャメロンハイランドへ週末旅行

キャメロンハイランドって?

キャメロンハイランドはマレーシアの首都クアラルンプールから150km北に位置する高原リゾート

その昔、イギリスの国土調査官ウィリアム・キャメロンが訪れたことが名前の由来となっているそうです。

アクセス方法

アクセス方法はバスのどちらか。

バスはTBS(ターミナルバスステーション)というところから直行便が出ていて、片道一律35リンギとなっています。

1RM=27円 35RM=950円  (2019年4月現在)

バスは安いですが、途中でお腹が痛くなると嫌なので、今回はSIXTというレンタカーショップで車を借りることにしました。

高速をぶっ飛ばすこと3時間、予約していたホテルに到着。

今回泊まるのは『THE LAKEHOUSE (ザ・レイクハウス) 』

築53年という由緒ある伝統的な建物です。

イギリスっぽさを漂わせる内装。

別館のスイートルームへアップグレードしてもらいました。

貴族の部屋みたいです。

バスルームは広々で、まさかのバスタブ付き!

小腹が空いてきたので、アフタヌーンティーに向かいます。

二階のテラスです。

緑に囲まれ、自然の中で優雅なアフタヌーンティー。

お腹いっぱい食べました。

大満足のアフタヌーンティーでした。

敷地内を散歩でもしましょう。

建物の周りには緑がたくさん。

気温は20℃と丁度いい気候。

キャメロンハイランドはマレーシアの中では有数の避暑地として知られています。

そうこうしているうちにあっという間に夕食の時間に。

ダイニングルームもお洒落な造りです。

アフタヌーンティーで食べすぎてあまりお腹が空いていない模様。

軽めのメニューということでナスのマリネグリルなんちゃら。

こちらはアスパラのパスタ。の上にチキンステーキ。

日本では見ないと思いますが、マレーシアではパスタの上にステーキが載っているのをよく見かけます。

1日の終わりには泡ぶくのバスタブに浸かって疲れをとります。

二日目

おはようございます。

お腹が空いたので朝食にしましょう。

ダイニングルームで朝食バイキング

種類も豊富で楽しい。

このカマンベールチーズが美味すぎて、こればっかり永延に食べてました。

クラッカーに載せて蜂蜜をかけたやつが大好きです。

今日はキャメロンハイランド名物、茶畑を見に行きます!

車を走らせること約10分。。。

到着しました。

辺り一面茶畑!

目が良くなりそう。

お店にはいろんな種類の紅茶が販売されています。

ぜひお土産に買ってみてください。

まとめ

キャメロンハイランド、いかがでしたか?

まだまだ多くの日本人の方には知られていないスポットですので、マレーシアにお越しの際はぜひ行ってみてください。

それではまた!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *