世界一美しい島『パラワン島』へ行ってきた。

パラワン島とは?

パラワン島は、フィリピン南西部に位置する島で、数年前『世界の美しい島ランキング』でなんと一位に選ばれています。

海は透明なエメラルドグリーンで、その美しさから『フィリピンの最後の秘境』と呼ばれています。

実はパラワン島とは言っても南北に400kmと広がっており、その中でもさらに有名なのがエルニドコロンと呼ばれる地域です。

今回訪れたのはエルニドです。

アクセス方法

アクセス方法は二通りあります。

【方法1】マニラ国際空港からAirSWIFTの国内線でエルニド空港まで飛ぶ方法。

AirSWIFTはマニラからエルニド/コロン空港への路線を持つ唯一の航空会社です。

【方法2】マニラ国際空港からプエルトプリンセサ空港(パラワン中心)までエアアジア等LCCの国内線で飛び、そこからバスでエルニドまで移動する方法。

行き帰りそれぞれ試しましたが、オススメは断然【方法1】

LCCではないのでコストはかかりますが、約1時間のフライトであっという間に到着

一方【方法2】はどうかというと、マニラからプリンセサ空港はLCCが就航しているため安いですが、プリンセサからエルニドまでのバス移動が地獄です。

約5時間、道かも分からないような悪路を猛スピードで走るバンに揺られます。

安いですけどね。。。。

エルニド到着

エルニドの中心部は意外と栄えていて、レストランやバー、お土産屋さんがそこら中に。

想像の10倍くらい観光地でした。

初日は特に予定もないのでカフェで食事したり散策をしながらゆっくり。

夜はバーが観光客で溢れかえります。

エルニドで一番オススメのレストランはここ↓

ALTROVE(アルトローブ)と呼ばれるピザ屋さん。

行列ができるほど美味しいお店として地元のフィリピン人に紹介してもらいました。

本当に30分並ぶ価値ありました

エルニドにお越しの際ぜひ一度は食べてみてください。

アイランドツアー

今日はボートでエルニド諸島を回っていきます。

今回はツアーAを選びました。

はじめに一つ大事なことを申し上げておきますが、

私服やリュックは厳禁です。

エルニドの離島に船乗り場などありませんので、乗り降りの際は肩のあたりまでどっぷり浸かります。

もし携帯やカメラを持って行きたいのであれば、防水バッグが必須です。

エルニドではそこら中に売っているので、あらかじめ買っておきましょう。

さあ、いざ大海原へ。

海は青くエメラルド掛かっていてとても綺麗です。

Seven Commando Island

30分ほど船に揺られ、一つめの目的地、セブンコマンドアイランドに到着。

みてわかる通り、海の透明度が半端ないです!


小屋のようなものがいくつかあり、飲み物を買うこともできます。

30分しか与えられなかったのでここはさらっと見学終了。

次の島へ向かいます。


乗り合わせた観光客たち。序盤なのでまだ冷めていますが、この後みんな友達になります。

Snorkeling Spot

ここはツアーAのオフィシャルのリストには載っていませんでしたが、水の透明度が半端ないスノーケリングスポットです。

正直、今まで見た海の中で一番透明度が高かったです。

海の中もとても綺麗なので、防水カメラを持っていくことをオススメします。

ちなみに筆者愛用はGoProHero7。ボートツアーには必ず持って行きます。

Shimizu Island

3つ目の目的地はシミズアイランド

エルニド独特の巨大岩です。

フィリピン人ガイドは、島の名前のシミズは日本人の名前から来ているようなことを言っていました。

よく聞き取れなかったのでスルーしましたが、気になる方は調べてみでください。

気づけばもうお昼の時間。ボートのクルーがシーフードBBQを作ってくれます。

通常ボートツアーでもスプーンやフォークは出てくるものですが、エルニドはまさかの素手食い

筆者はこういう現地感大好きなので、飯が10倍くらい美味く感じました。

Secret Lagoon

次の目的地はシークレットラグーン

島が巨大岩に囲まれ、ボートが入れる場所が限られていますので、岸から割と遠いところで停泊し、泳いでビーチまで向かいます

ビーチに到着。

メインアトラクションはこの行列の先にあるらしいんですが、

実は筆者はそれよりもドローン撮影に夢中でしたので、実際見学していません。

後々ドローンの写真を確認してみるとわずかに見えました、シークレットビーチ。

実際見て来たツアー仲間は「全然見なくていいと思う」と言ってましたのでそんなに綺麗じゃないのかも。。

Big Lagoon

到着しました。ツアーAの大目玉、巨大ラグーンです。

入り口はこんな感じになっていて、カヌーをレンタル(有料)して中に侵入していきます。

いざレッツゴー!!

巨大岩に囲まれた一本道をひたすら漕ぎまくります。

だんだん水は透き通ったエメラルド色へと変わっていきます。

息を呑むような大自然。

世界一綺麗な島に選ばれる理由がわかりました。

因みに、これはBig Lagoonのお隣のSmall Lagoonで、水の透明さはこっちの方が高いという方も多いようです。

一回のツアーではどちらかしかいけないので、興味のある方はぜひSmallの方に行ってみてください。


因みにこちらはツアー中に意気投合したインド人カップル。

普段関わりのない国籍の人たちと仲良くなれるのもボートツアーの魅力ですね。

ツアー翌日(最終日)

夕方、プエルトプリンセサ空港行きのバスを控えていたので、今日は近場でゆっくりすることに。

エルニドの中心部からタクシーで15分ほどの位置にあるコロンコロンビーチへ。

10〜20mもある巨大なヤシの木が立ち並び、まさに南国という雰囲気のおしゃれなビーチ。

海沿いにはいくつかバーがあり、アルコールやおつまみ、新鮮なフルーツスムージーが楽しめます。

まあ特にすることはないので、思いっきりまったりすればいいと思います!

おわりに

噂には聞いていたパラワンですが、想像をはるかに超える綺麗さでした。

今回はパラワンの中でもエルニドの方しかご紹介できませんでしたが、コロンもかなり綺麗なようですので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

それではまた次回。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *