ひったくりに遭い一文無しに…【喜怒哀楽のニャチャン旅行】

先日、人生初のベトナム旅行に行ってきました。

数あるベトナムの観光地の中でも今回は、『ニャチャン』という何ともマイナーな都市を選んでみました。

アクセス

クアラルンプール国際空港(ターミナル2)から最寄りのカムラン空港まで約2時間のフライト。

マレーシアよりも1時間(日本よりも2時間)遅いので、到着は現地時間で1時間後になります。

今回も安定のエアアジアです。往復で300RM(約8000円)でした。

到着しました。まずは通貨を両替します。

ベトナムの現地通貨はベトナムドン

とりあえず270万ドン換金しました。

1ドン=0.0046円   270万ドン=12300円 

270万と言うと大金に聞こえますが、日本円にすると大した事ありません。

空港から市街地までタクシーで約45分。

GRABというタクシー配車アプリを使うと40Kドン、普通にタクシーを捕まえると35Kドンが相場らしいので、空港に停まっているドライバーに話しかけて交渉するのがいいでしょう。

1K=1000  ベトナムで旅行をする上で1000以下の通貨を使うことはありませんので、1000の単位を省略してしまうことがほとんど。

例えば、10,000ドンは本来なら『テンサウザンド』ですがベトナムでは『テン』でOKです。

さあ、そうこうしているうちに市街地に近づいてきました。

タクシーの運転手によると、この街は昔からロシアとの友好関係にあり、ロシアからの直行便も飛んでいるとのこと。

郊外には多くのロシア人が住んでおり、家の造りもどこか西洋っぽいところがあります。

市街地に着きました。

THE東南アジアという街並み。

まずはホテルで荷物を下ろします。

ベトナム料理

お腹がすいてきたのでランチにしましょう。

ベトナム料理といえばフォー。癖の強い料理の多い東南アジアですが、油も控えめで日本人の口に合う味です。

ちなみにこれで55000ドン。約260円ですね。

定番の生春巻き。

固揚げ焼きそば。

港町なので新鮮なシーフードたっぷりです。

ニャチャン観光

まずご紹介したいのが、ホンチョン岬

有名なインスタ映え巨大岩のあるスポットです。

が実際は人が多すぎてなかなか写真が取れませんでした。

岬のすぐ傍にはおしゃれなカフェがあります。

ここではベトナムで有名なベトナムコーヒーを楽しめます。

一休みしたらニャチャンビーチ沿いを散策しましょう。

といったところで、まさかの事態発生

ニャチャンひったくり事件

一瞬の出来事でほとんど記憶にありませんが、彼女が持っていたハンドバッグがひったくりに遭ってしまったのです。

サンダルを脱ぎ捨て、必死で追いかけましたが、あと少しのところで逃しました。

偶然カメラで動画を回していたので、後から確認してみると偶然犯人の姿が写っていました。

犯人はバイクに乗った若い男二人組です。

警察署へ出向き、被害届を提出しましたが、やはりバッグが返ってくる可能性はゼロに近いということ。

因みに、被害に遭ったバッグの中身は以下の通り。

・現金全額

・クレジットカード

・ホテルの鍵

・スマホ

ほぼ全てですね。

現金に関しては、旅行用に所持している現金を同じバッグにまとめていたので、一文無し状態になりましたが

不幸中の幸い、クレカはホテルに置いてありました。

旅行ではどうしても現地通貨が必要になるので、クレカで日本の口座からホテルに送金し、フロントで現金に替えてもらいました

これでなんとか一件落着。。

ニャチャン観光再開

もともとボートツアーに行く予定でしたが、昨日の事件で心に余裕の無かった私たちは急遽予定を変更。

ニャチャンのディズニーランドとも呼ばれる、『Vimpearl Island』へ行くことにしました。

本島からケーブルカーで約10分。

いい景色です。

見えてきましたビンパーアイランド。

様々なアトラクションが楽しめる遊園地です。

水族館

ビーチ

子供から大人まで楽しめるようになっています。

夕方になれば綺麗な夜景が見れます。

夜は建物やお城がライトアップされ、本当にディズニーランドのような雰囲気に。

閉園は10時までですので、ぜひ夜まで滞在することをオススメします。

1日の終わりにはマッサージで疲労回復しましょう。

まとめ

観光地としてまだまだ日本人に知られていないニャチャン。

これと言った超有名スポットがあるわけでもありませんが、観光地化され過ぎていないが故に、ベトナム現地の文化や食を体験できる街です。

ベトナム旅行をお考えの方はぜひ、ニャチャンに行ってみては?

あと、ひったくりには気をつけてくださいね

以上、喜怒哀楽のニャチャン旅行でした。

→ニャチャン旅行を計画する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *